白内障と緑内障の違いをチェック|しっかり治してクリアな視界

ドクター

飛蚊症の対策方法

眼

飛蚊症は精神的ストレスや老化が原因で発生する眼の病気です。浮遊物が浮いているように見えるこの病気の対策方法をしっかりと把握しておきましょう。また定期的に眼科で検査を受けることも大切です。

この記事を読む

病気の予防

病院

白内障と緑内障は併発する可能性がある病気です。これらの病気を予防するための方法を確認して、普段から実践しましょう。医師に相談することで具体的なアドバイスをもらうことが出来ます。

この記事を読む

似ているけど違う病気

目元

目の病気の中で有名なものに白内障と緑内障があります。白内障と緑内障は同じ病気として認識されがちですが、実際は大きく異なります。白内障と緑内障の違いをしっかりと把握しておくと、今後の治療をスムーズに進めていくことが出来ます。

まず白内障は、目が白く濁ってしまう病気のことを言います。具体的には眼球の水晶体という部分の透明度が下がることで白くなったように見えるのです。白内障になってしまうと視界が白くぼやけてしまい、症状の度合いによっては日常生活に支障をきたすこともあります。白内障は一般的に高齢者の発症率が高いです。白内障が発症する原因としては、太陽の紫外線です。そのため日中に外で活動する時間が長い人や、紫外線が比較的強い地域に住んでいる人は白内障のリスクが高くなることが発表されています。白内障の場合、網膜が濁っているだけで視神経に異常はありません。そのため治療を行ない、網膜に映像が映せるようになれば視力を回復させることが出来ます。

一方で緑内障は、眼圧が高くなることで視神経が圧迫される病気です。白内障のように眼が緑色になる病気ではありません。ではなぜ緑内障は緑という色の名前がついているのかというと、西洋人のように眼の虹彩と呼ばれる部分の色が元々薄い人の場合、病気で眼が緑色になることがあります。日本人の場合、虹彩の色素の関係上、緑色になることはありません。そして緑内障は、白内障よりも失明の危険性が高いとされています。原因としては、やはり視神経が直接的にダメージを受けてしまうからです。視神経に負担がかかると、網膜から脳に正確な映像を伝達することが出来ません。以上が白内障と緑内障の主な違いになります。

症状緩和と進行抑制

瞳

飛蚊症は生理的な症状になるため、自然に回復するのを待つしかありません。食事療法や、眼球の機能を高めることで飛蚊症の進行抑制、および症状緩和に期待することが出来ます。

この記事を読む